メニュー

子宮頸がんワクチンの救済措置について

子宮頚がんワクチンは小学6年生から高校1年生の女子を対象とする定期接種です。

令和4年4月から子宮頸がんワクチンの積極的勧奨の再開に伴い、積極的勧奨の中断期間中に接種の機会を逃した方への救済措置が始まりました。若い女性の命を守る大切な予防接種ですのでぜひ受けるようにしましょう。

救済措置の対象:平成9年度生まれ~平成17年度生まれの女子
救済措置の期間:令和4年4月~令和7年3月

当院ではガーダシルを使用しています。公費(無料)で3回接種が可能です。
ご希望の方は電話でご予約ください。
来院時は問診表と母子手帳をお持ちください。

新型コロナウイルスのワクチン接種2週間前後は接種ができませんのでご注意ください。

詳細はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME