メニュー

小児科

小児科全般

こどもの体調や発達などに関するあらゆる症状を全般的に診察します。
発熱、鼻水、咳、のどの痛み、腹痛、嘔吐、下痢、頭痛、発疹など多岐にわたる症状の診察を行っています。また、便秘、湿疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などの慢性疾患の診断や治療も行っています。

こどもの症状には、風邪のような明らかな症状があるとは限りません。機嫌が悪いがどこがおかしいのかはっきりしない、ということもあります。こどもは症状を大人に言葉でうまく伝えられないこともあるため、一緒に生活している保護者の方からみていつもと様子が違う場合は早めの受診をおすすめします。

受診時、お子さんの顔色が悪い、ぐったりしている、呼吸が苦しそうなど、とても具合が悪くすぐに診察が必要そうな場合は優先的に診察をしますのでお申し出ください。

診察では必要に応じて、診断のための検査を行うこともあります。当院では困難な特殊な検査や入院での治療が必要な場合には連携医療機関や適切な診療科を紹介します。

「おっぱい、ミルクが足りているか心配」、「離乳食のすすめ方がわからない」、といった育児の悩みや、「言葉がなかなか出てこない」、「身長ののびがゆっくり」など発達の悩み、「おねしょが続く」、「朝起きられない」、「学校に行けない」、などお子さんの日常生活に関する悩みごともご相談いただけます。ささいなことでも構いません。お子さんのことで気になることはお気軽にご相談ください。

お子さん一人ひとりのペースに合わせて診療を行っていきます。相談の内容によっては時間をしっかりかけてお話を伺う必要があることもあります。診療状況によっては改めて受診時間を調整することもありますのでご了承ください。

このページのTOPへ

感染症

上気道炎、気管支炎・肺炎、中耳炎、胃腸炎、インフルエンザ、突発性発疹、溶連菌、RSウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

皮膚トラブル

湿疹、おむつかぶれ、じんましん、とびひ、水いぼ、にきび

アレルギー疾患

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー

その他

便秘、夜尿症(おねしょ)、出べそ、貧血、起立性調節障害、睡眠障害

このページのTOPへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME