メニュー

新型コロナワクチン(5-11歳)について

当院では現在12歳以上の方に対して新型コロナワクチンの接種を行っておりますが、
5-11歳のこどもに対する新型コロナワクチン接種は当面行わない予定です。

新型コロナウイルスは健常なこどもが感染しても軽症または無症状のことが多いことがわかっています。

新型コロナワクチンの接種は感染を予防することと感染した時の重症化を予防することが主な目的です。
コロナワクチンの有効性や安全性に関しては、諸外国の接種状況から小児に対しても一定の効果は期待できそうですが、現在流行中のオミクロン株に対しては、感染予防効果を示すデータが十分に得られておらず、予防接種をしたとしても感染する可能性はあり、接種後も感染対策は継続する必要性は変わりません。
また、健常なこどもは感染しても重症化しないことから、重症化を予防する目的でのワクチン接種の意義はおとなと同等ではありません。

一方、コロナワクチンの副反応として接種部位の疼痛・発熱・倦怠感・頭痛・関節痛などの症状は、接種後のこどもにもみられることが報告されています。こどもの定期接種の対象となる他のワクチンに比べると副反応が出やすい可能性があります。
稀ではありますが、アナフィラキシーや心筋炎・心膜炎などの重い症状にも注意が必要です。

また、成長期にあるこどもに対するワクチンの長期的な影響に関しては不明です。

上記より、現時点では重症化のリスクの低い健常なこどものワクチン接種を急ぐ必要はないと考えます。
まずは、こどもを取り巻くおとなの接種を進めることが先決と考え、当院ではおとなの3回目接種を優先して行っていくこととしました。

ただし、新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性のある基礎疾患があるこども(以下参照)には、重症化を予防する目的で接種をする意義はあると考えます。
新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等

また、重症化リスクのある高齢者や基礎疾患がある方と同居されているご家庭では家族を守るという目的でこどもの接種を選択する場合もあるかと思います。

接種をするかお悩みの方は、お子さんを含めご家族でじっくり話し合って納得した上で接種をするようにしてください。
ご希望の方は接種可能な医療機関をご案内いたします。

よろしければ以下もご参照ください。
日本小児科学会 5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME